「だって覚えるだけだから、簡単だろ!お前が勉強してないだけだろ!」

 

そう言われても覚えるのが難しいんだってと心で言い訳していました。


 

数学や理科などの理解する教科は大の得意だったんですが、

社会や英語など暗記科目はかなり苦手でした。


 

勉強していなかったわけではありません。

人に聞いた話では音読をすれば覚えられると聞いていたので

テスト前になると教科書を何回も何回も音読

覚える努力はしていたつもりでした。

 


暗記科目に一番時間を費やしたにもかかわらず、

平均点にも届かないことがよくありました。


 

脳にはいろんな特性があります


 


それを知らずにいくら暗記しようとしても覚えるのに苦労してしまいます。


 

脳の取り扱い方をちょっと知るだけで

暗記というのは本当に簡単になってしまうものなんです。


 

早い人では1ヶ月もあれば記憶の天才と言われることも可能です。



 

私もそれを知らずに暗記というものには本当に苦しんできました。

ちょっとしたコツを知らないだけで大きな時間を損してきたと思います。

 


暗記するための時間は受験生にとって大きなものだと思います。


 

パソコンを見ている時間ももったいないかもしれませんが、

3分間だけこの手紙を読んでみてください。

 

今後の暗記にかける時間を減らすコツをご紹介します。

赤ちゃんの記憶法とは?


生まれてから3歳ぐらいまでの記憶ってなんでないか知っていますか?



それは、この頃に人間として生きていくのに大切な記憶を作っているからです。
生まれてから3歳までというのは、言葉のしゃべり方歩き方などの
「方法」を覚える記憶というのがものすごく発達している時期なのです。

ですので、3歳まではその反面、
知識をつけたり経験したことというのはほとんど覚えることができません。




物をこぼしたり、
ダメといわれても興味のある所に行こうとしてしまったり、
手当たりしだい口に放り込んで試してみたりというのは、
知識をつけることができる年齢まではとどまるところを知りません。



よく「三つ子の魂百まで」といいますが、


これは3歳までに覚えたことは一生使えるといった意味でもあります。
この頃に培った習慣や、人格形成(性格)や自分が身を置く環境などは、
ずっと変わらないといわれています。


脳が発達していく最初の過程で、しっかりと刷り込まれていく記憶です。

この3歳まで特にに発達している「何かをするための方法を覚えている記憶」が、
天才を作っている記憶なのです。


世の中には、数ヶ国語を話せる人がいます。

英語などは、中学高校とほとんどの人が6年間以上も勉強しているのに
英語を話せる人が少ないのに対し、
数ヶ国語もしゃべれるようになるのは
とても不思議に感じます。


彼らによると、一つ新しい言語をしゃべれるようになれば次の言語を覚えるときは、
もっと簡単に覚えられるようになるそうです。

これは言語を覚えるのと同時に、
「言語を覚える方法」を記憶として蓄積しているためです。



この「方法」を覚えていく記憶、
「方法記憶」が天才を作っている
のです。



もちろん、方法記憶は言語だけではありません。


幼少のころから大人になって生活し、
社会生活を築いていく上で大切な、
さまざまな方法を身につけていくことになります


知識の記憶や経験したことの記憶に比べて、
この「方法記憶」というのはとても忘れにくい記憶となっています。



そしてこの「方法記憶」のすごいところは、
相乗効果や持続力が働くということです。


「なにかで一流の人は別のことを始めても一流になる」
というのを聞いたことがありませんか?


これも、「物事を極める方法」を体験していれば、
別のことを始めても「極め方」がすでに記憶されているので、
すぐに事を成していくことができるというわけです。



あなたの脳に入っているこの方法記憶の一つ一つが、
現在までのあなたのスキルなんです。


もしあなたが受験生なのであれば、
勉強して様々なことを読解したり覚えたり応用するための方法
を一生のスキルとするチャンスです。


受験生のうちに必ず勉強法をあなたのスキルにしてください。


この勉強するといる方法記憶があなたの一生の強みになるはずです。

 

脳はすべて覚えている!


ところであなたは暗記科目って得意ですか?

それとも苦手ですか?

そして暗記にかけている時間はどれだけですか?



記憶力さえあればどんな試験にでも合格できます。



数学などは、
暗記ではなく理解しなければいけないと思われていますが、
受験数学は暗記科目だともいわれています。


確かに公式や解き方を覚えてしまえば受験数学には簡単に対応できるはずです。
記憶力さえ上げてしまえばどんな試験にでも合格できます。


暗記が苦手だという人はたくさんいますが、


実は人間には、
生まれてきてから現在までのすべての記憶が脳に詰め込まれています。
ただ思い出すことができないだけなのです。


あなたも生まれてから、
楽しいことやうれしいことをたくさん経験してきましたよね。
たくさんの思い出があふれ出てくるかと思います。
嫌なことや悲しいこともたくさん経験してきたはずです。




でも思い出すのは楽しい思い出の方がたくさんありませんか?
忘れるということは、
人間の脳にとって大事な役割をはたしています。


フロイトという心理学者によると
人間にはツライ体験や感情を忘れる心理的なシステムがあるようです。
そのままにしておくと生きていくための妨げになるような記憶を
自然に捨てるシステム。




興味のないことや嫌いなものを自然と忘れるようになっているのです。
逆に、うれしいことや楽しいことはどんどん記憶や体験として蓄積
されていくようにできています。



これを知っているだけで、暗記をするためのコツがたくさん見えてきますよね。


例えば

強い興味がもてれば記憶力が増すので
・日本史を覚えたいのであれば、日本史のマンガを読んでみる
・あなたが好きなもの興味のあるものを覚えてみる。

プロ野球の選手などを覚える練習をして、
暗記の仕方を身に付け、さらに暗記に対して自信を持つことができます。

楽しいと感じていれば記憶力は上がるのですが、
ストレスを感じていると記憶力は低下します。
勉強からストレスをなくすように工夫する。


ほかにも記憶力の上がるアイディアはたくさん出てきますよね。

 

記憶術をマスターしようとしたが…

記憶術というのはあなたも聴いたことがあると思います。



記憶術というのは
ヨーロッパではローマ帝国、日本では江戸時代から
使われている記憶方法なんですが、



ローマの史上最高の弁論家といわれているキケロは
3時間の演説をしたのですが、
その演説の内容が、原稿と全く同じだったのだとか。
恐ろしいほどの記憶力ですね。


これが記憶術の力です。


実はやり方は意外と簡単
覚えたいことのイメージを貼り付けていくだけなんです。


この記憶術さえマスターすることができれば
あなたは今後受験勉強で悩むことはまずなくなることでしょう。


私も暗記科目に自信がなかったので両親に相談し
記憶術の教材を買ってもらいました。



教材が届きテープを聴き記憶術がどんなものなのかを
理解することができたので
これで暗記科目もこれからいい点数を取ることができる
と喜んでいました。


しかしそのとき私は暗記科目が得意になることはできませんでした。



記憶術を理解することはできたのですが、
結局使いこなすことはできなかったんです。


もしあなたが方法さえ知ることができれば
確実に記憶術を使いこなせる自信があるのでしたら
記憶術の教材を購入することをおすすめしますが、


できればその前に記憶の基本から学んでいただくことをおすすめします。




野球でも、
バットの持ち方や守備をするときの姿勢が
悪ければなかなか上達しません。



基本を完全にマスターすることで難しいことができるようになるのです。



天才たちにはなにかできないことがあった場合は
必ず基本・基礎を確認する習慣があります。
そうすることで確実に学び、知識を自分のものにすることができるのです。


暗記の場合でも、
いきなり記憶術を覚えたりするのではなく
まずは基本からマスターすることで記憶術なども
有効に使えるようになるのです。


ある程度できることだと
「初心に帰れ!」といわれても
めんどうくさい気持ちもわかりますが、


何をするにも基本を大切にしてください。


基本というのは、
数学でいえば定理やその使い方、
英語や国語、古文なら文法や活用などです。


道に迷ったら、あわてず元に戻りましょう。
少し戻って現在地が確認できたら、また少し進んでみましょう。
わからなくなったら1からやり直す。
これがもっとも基本になることです。


無理にそのまま先へ進むことのないように、迷ったら戻る。
これで確実にそのときの学習内容を自分のものにしていきましょう。


「天才の記憶法」では
記憶術に関してもほんの少しだけ触れていますが、
だれでも暗記が上達できるように
記憶の基本から応用までたくさんのテクニックを紹介しています。

 


天才の記憶法

  • カンニングペーパーの秘密、カンニングペーパーには、
     効率よく暗記する秘密がたくさん隠れています。
    ムダを省き今までの半分の時間で暗記できるようになります。
  •  

  • 脳のリズムに合わせた復習のタイミングとは?
  •  

  • 年とともに記憶力が落ちてきていると感じているあなたへ
    実は年とともにある記憶力は上がっているのです。
  •  

  • 記憶を自在に入れたり出したりできる脳の中の部屋作りとは?
  •  

  • テスト本番でのど忘れしないための色を使った記憶法
  •  

  • 明日からできる 今までの5倍記憶を定着させる5W記憶法



ここまで読んでくれたあなたは
暗記がもっとできるようになりたいという気持ちがあったり
暗記科目に悩んでいたりしていると思います。



「天才の記憶法」は54ページのレポートとなっています。
記憶に関する基本や応用方法を知ることによって
確実に暗記をすることを上達してもらえるはずです。


「天才の記憶法」は
2,980円での参加費できるようにしようと考えていますが、
ただいまの期間に参加してくれた方は、1,980円で参加できます。


普通の受験生が暗記にどれだけたくさんの時間をかけていると思いますか、


1日たったの2時間、暗記をしていただけだとしても、
年間で730時間、まる1ヶ月の時間を暗記に費やしているのです。


この時間は無駄な時間ではありません、
受験生であれば暗記をしなければいけないことは
たくさんあるはずです。


この730時間をいかに効率的に使えるかどうか
あなたの受験生活は大きく変わってくるはずです。
友達と遊んでいるときも勉強のことを気にしながら
遊んでもぜんぜん楽しくありませんよね。


暗記をする方法という方法記憶を手にいれることができれば
あなたの受験勉強の強い武器となってくれます。



ぜひこの機会に記憶方法の勉強をしてください。。

聴きながら学習するだけで記憶力がアップする特殊音源


限定特典



正直いってこの特殊音源を聴かずに
勉強することは、時間の無駄と思います。


この音源を聴きながら記憶をすると、
勉強した内容が昔から知っていたかのような
錯覚を感じることになると思います。


あなたも脳波という言葉は聞いたことがあると思います。


脳波には、シータ波、アルファ波、ベータ波、デルタ波など
があり、脳の状態により様々な周波数を発しています。


脳波で有名なのは、アルファ波という周波数で、
天才といわれる人はこのアルファ波が普通の人より
多く発せられているといわれています。


アルファ波を多く発することで、集中力が増し、
本来持っている潜在の力を限界まで引き出すことが
できます。


今回特典でプレゼントする
特殊音源は、あなたの記憶力を高めるために
脳波をコントロールする音源となっております。


この特殊音源を聞きながら学習することで、
まるで、勉強した内容を昔から知っていたことのように
思い出すことができるようになります。


あなたの学習の質を脳から変えることになります。




「天才の記憶法」は54ページのE-book(電子書籍)です。


E-bookとは

レポートをインターネットから直接あなたのパソコンに

PDFファイルとしてダウンロードして読むことのできる書籍です。

もちろんプリントアウトして読むこともできます。


PDFファイルを読むためのソフトは

申し込み後のマイページよりダウンロードでき、
入金後すぐに読むことができます。


お支払方法は

クレジット払い・銀行振り込み・郵便振替・コンビニ払いから選択できます。


パソコンが苦手な方はご購入画面の下段にある

電話注文をご利用ください。



※MacのOSをご利用の方はE-bookをご利用できませんので

オンライン通販をお選びください。


質問などがあれば、

お気軽にnaruse.masahide@gmail.comまでお問い合わせください。


お申込みは今すぐこちらから




暗記の達人に


なにか物事を上達しようと思えば
まずは上達するための方法を知識として学び
正しくトレーニングすることが
一番の近道になっています。


暗記を上達したい場合も同じです。


ただやみくもに勉強していたとしても
その勉強法が正しくなければ
なかなか知識として吸収するのは難しくなってしまいます。


あなたが受験生なのであれば
暗記しなければいけないことはたくさんあるはずです。
もしも間違った記憶法で暗記していれば
あなたは本当にたくさんの時間を損していると思います。



「天才の記憶法」では人間の脳の仕組みを知ることによって
どのように勉強すれば確実に暗記できるのか
教えています。


トレーニングしなくても
読んですぐに使える方法もたくさんあるので
だれにでも確実に暗記が上達してもらえると思います。


受験生には暗記しなければならない事はたくさんあるので
トレーニングの機会はたくさんあると思います。
この機会に暗記の達人になってください。


「天才の記憶法」があなたの一生のスキルになってくれます。

お申込みは今すぐこちらから

 


メールアドレス